2011年11月22日

日本に一時帰国中

ご無沙汰してます。

仕事が忙しかったのと、毎年参加している写真展の準備で製作が止まってます。
それもこの一時帰国明けに中国語の試験を受けると一段落するので、ボチボチ再開します。

それに。

かみさんに内緒で買った各種素材を実家で回収したので、やる気も漲ってきました!

あとは決定的な資料が欲しいところ。

F1モデリング最新号でまさかのFW11B掲載がありましたが、痒いところの手が届かない…。
製作を続けながら資料も探してるんですが、20年以上前の車種はなかなか難しいですね。
最後の望みはモデルファクトリーヒロの資料集。
次回がFerrari F187/88だという事で、これはその次ぐらいには…、来るんじゃないかなぁ〜?

とりあえずその日を夢見て進められるところから作業を進めるつもりです。

posted by えてきち at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

Steve Jobs死去

Appleの偉大なる創設者、Steve Jobsが亡くなりました。

享年56歳。あまりに早過ぎる死です…。

僕は大学が写真に関するものでしたので、入学後から当時画像処理に長けていた
Macintoshが気になっていました。

そして94年に初めて買ったQuadra650。
以降Mac一筋で今日までやってきました。
デスクトップ4台、PowerBookからノート型が5台、Newton2台、iPod8個、
iPhone2台、iPad2台。
かなりのお布施をしています。

どん底に落ちた時期にMacを使い始めた古参ユーザーとしては、Jobs復帰後の
快進撃は、とても楽しくてワクワクするような、夢のような時代でした。
彼のカリスマ性は、古くからのMac信者には迷走していた時期を知っている分
とても力強く輝かしく見えていたんです。

個人的には、Newtonが分社化されるはずが一転中止になってしまい、非常に
落胆した事もあります。
しかしその後iPhoneが発売されるのを見て、あぁJobsはこれを出したいがために
敵になるかもしれないNewtonを闇に葬ったんだなと思ったものです。

製品ラインナップを信じられないぐらいシンプルにしたり、デザインに注力した
りと彼でなければどん底のAppleを建て直す事は出来なかったでしょう。

Apple1からLisa、Macintosh、Appleを追い出されたあとに誕生したNextStep、
復帰後にそのNextからMacOSX、iOSへと、彼の理想は常に途切れる事なく
続いて来ました。
OSXが出た時古いユーザーからの反感も大きかったですが、そこでLinuxベース
に切り替えていたおかげで今のiOSへと繋がっている訳ですから、彼の持って
いたビジョンの的確さ、彼の美意識の高さに本当に感銘を受けます。

iPod発売当初、こんな重たいものもって歩く奴いるのかとか、何千曲も入れ
られる必要があるのかとか、相当な批判がありました。
その後iTunesMusicStoreオープンと同時に結局は古い音楽業界に革命を起こす
第一歩になっていたのだと、凡人は後になってから気がつくぐらい、彼の先進性
は素晴らしかった。
この約15年のAppleの快進撃と世の中に与えた影響を振り返るだけで、如何に
彼が天才だったのかが理解できるのではないでしょうか。

今後のAppleがどうなるかは誰にも分かりません。
少なくとも彼の代わりを出来る人はいませんから、ひょっとしたらまた駄目に
なっていくのかもしれません。
これからのAppleを率いる立場の人には、Steveの遺志を継ぎ、彼の美意識なら
どう考えるのかを踏まえた上で意思決定して欲しいと思います。

とりあえず、iPhone4Sは買う事にします。
ネットで出ているようにFor Steveという意味だと心から思いますから。

さよならSteve。
今まで夢を見させてくれてありがとう。
Appleの行く末を見守っていてください。

合掌。

t_hero.png
posted by えてきち at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

1/20 Williams FW11B 製作9

ただいま山東省の済南に出張中です。

昨日のなでしこVS北朝鮮戦も見ました。
やっぱり過密日程で疲れが出ているんでしょうね。
らしくない試合でした。

とはいっても北朝鮮もこの予選に関しては同じ日程な訳で。
最後までスタミナの切れない北朝鮮選手はすごかったと思います。
彼女たちには違う種類のプレッシャーがかかってそうですし、命がけでしょう。
場合によっては薬づ…ゲフンゲフン。

出張先ですが、妙に時間が出来てしまったので、製作記事を更新します。
別にさぼってるわけじゃないんですけどね。
折角なので、時間を有効に活用します。

さて前回の続き、リアサスペンションの加工ですが、各アームをアップライトに
接続する加工をしました。

suspention21.jpg

外径1mm、内径0.5mmの真鍮パイプを組み合わせ、接続ジョイントをつくります。


suspention22.jpg

リアロアアームにこのように取り付けます。
内径は0.8mmドリルで若干広げてあり、固定用のピンの頭が見えるようにしてます。
最初はアームとの接着を考えていたのですが、最終的に強度を優先しハンダ付け
しました。

しかしこれが裏目に出て、折角つくったジョイントを熱で溶かす事3回。
同じ部品を何度も作る羽目になりました。

続きを読む
posted by えてきち at 18:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 1/20 Williams FW11B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

1/20 Williams FW11B 製作8

前回の更新から2ヶ月も経ってしまいました。

仕事も忙しかったんですが、パソコンの調子が悪くなったりもして更新する
こともできず、といった感じでした。

原因は判明したので、この2ヶ月少ないながらも進んだ部分を報告します。

前回の記事でリアサス周りを完成させる!と意気込んでおりましたが、
すいません、完成しておりません…。
若干作業に飽きてきたので、他の部分をいじったりしてました。

FW11はモノコックのフロントサスペンション部分が別パーツになっています
が、サスペンションを作り直す時にこの別パーツ部分が柔らかくてたわんで
しまうので、モノコック内に隔壁を取り付けました。

body3.jpg

そしてサスペンションのピックアップ部分には強度を増すために1.2mmプラ板
を接着してあります。

この作業に伴いタイロッドの穴が合わなくなるので、2mmほど後ろにずらしました。

body4.jpg

続きを読む
posted by えてきち at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/20 Williams FW11B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

トラブルの原因発見

手持ちのMacBookProに新規で環境を作り直しはじめて何度目でしょうか?
ついに原因が分かりました!

なんとウィルスソフトでした… orz

VirusBarrierX6、こいつだけアンインストールすると問題が消えます。

ファイヤーウォールやら何やら無効にしても駄目。
こいつがデータをせき止めていた為にブログ編集画面の表示が途中で
止まっていたようです。

原因は分かったので、ここからはどうやって解決するか探っていきます。

とりあえずは一安心。
posted by えてきち at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。