2011年06月21日

1/20 Williams FW11B 製作7

またもや2週間ほど更新が空いてしまいました。

ちまちました作業をしているので中々製作スピードが伸びないのも影響して
ますが、やはり仕事がそれなりに忙しくなるとどうしようもないですね。

さて。
相変わらずリアサスペンション周辺の工作をしています。
似たような作業が続いているので飽きてきました…。

まずはデフ。

diff1.jpg

以前こんな感じで試作してましたが、どうも気に入らなかったので作り直し
て見ました。

まずはプラ板から同じサイズで丸く切り出します。

diff2.jpg

0.3mmが2枚と0.5mm3枚で1セットです。
失敗した時も考え余分に切り出してます。
瞬間接着剤で仮止めし、60度間隔で演習に0.3mmの穴を開けてます。

diff3.jpg

中心を3.0mm径になるまで穴を大きくし、0.5mm厚のものは周囲に開けた
穴のあたりまで慎重に削っていき、出来上がった部品を組み上げるとこうなります。

diff4.jpg

どうです?試作品よりそれっぽくなったかと思うんですが。
6本のボルトはアドラーズネストのものですが、あとで写真のものより若干太い
ものに取り換えました。

ギアボックスと組み合わせて見るとこんな感じです。

diff5.jpg

我ながらいい感じに作れました。


さて、続いてはサスペンション。
真鍮材を削り出した部材をハンダ付けしていきます。

suspension15.jpg

suspension16.jpg

リアのロアアームですが、サスペンションのピックアップも真鍮板から作り
出しましたが、良い感じに精密感が出ているのではないでしょうか?


suspension20.jpg

アッパーアームにはプルロッドの取り付け部をエポキシ接着剤で固定しました。
ハンダ付けだと他の部分が外れてしまいそうだったので仕方ありません。

以前作ったピローボールなどを組み合わせて仮組みしてみました。

suspension19.jpg

suspension18.jpg

suspension17.jpg

いかがでしょうか?
まだアップライトなどは出来上がっていませんが、この時点でかなり頑丈に
出来上がっています。
アライメントをとるのが大変ですが、ようやく先が見えてきた感じです。

実際形になるまでは本当に出来上がるのか不安でしたが、このまま進んで
大丈夫そうですね。

次回の更新ではアップライトとブレーキ周りの工作が報告出来るかと思います。
また暫くお待ちください。

ラベル:Williams FW11B tamiya
posted by えてきち at 12:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 1/20 Williams FW11B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

いやぁ・・やっちゃってますねぇ。

凄過ぎる内容に、ボー然と見入ってしまいました。

えてきちさんも、フルスクラッチビルダーでもイケそうな気がします。

私は無理ですが・・。

FW11Bの工作過程を
これからも、すごく期待してます。

マイペースで頑張ってください。


Posted by しゅんぱち at 2011年06月22日 13:02
しゅんぱちさま

フルスクラッチですか…。
やってやれなくもないと思いますが、今まで何度かトライしたものの
結局完成まで行かないんですよね。
僕の生来の根気の無さが災いしているのですが…。
BrawnBGP001も放り出してますし。

まずはFW11Bを完成させます。
次に考えているFW16は…、事実上ほぼスクラッチに近いものになり
そうです。

生暖かく見守ってください。
Posted by えてきち at 2011年06月23日 11:16
うっ…もう造り込みが凄すぎてどの部分にコメントしていいのやら(^^;

真鍮製のサスの基部がこれまた良く出来てて雰囲気抜群じゃないですか。差し込むとことか綺麗に面が出てて実にシャープ!自分じゃハンダが余計に盛られてこうはなりませんねw
いよいよお次はブレーキ廻りですか。楽しみにしてます。
Posted by 新米パパ at 2011年06月23日 13:45
サスはかなり思い描いていた通りに出来上がりました。

アップライトとサスアームの固定部分は今脳内シミュレーション中です。
時間ができた時にトライして見ます。
あとはブレーキ冷却ダクト。
これが実はくせ者だったりして…。
次回の報告で、どうくせ者なのかが報告出来るかと思います。

Posted by えてきち at 2011年06月24日 11:32
お初でございます。
差し出がましいようで申し訳ございません。
最初の画像のパーツはデフではなくCVジョイントです。(70年代のマシンではユニバーサルシャフト)
デフ(LSD)は,このパーツが左右から刺さってるミッションケースの中に入ってます。
Posted by リックディアス at 2011年07月01日 09:57
リックディアス様

…そうですよね。(〃▽〃)

ご指摘有り難うございます。
全く気がついてなかった…。
Posted by えてきち at 2011年07月01日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。