2011年03月21日

1/20 Williams FW11B 製作3

地震のニュースを釘付けになって見ていましたが、離れている北京では
義援金しか送れず悶々とする一方なので、申し訳ないと思いつつ気分転換
でFW11Bの製作に戻りました。

前回の製作2で足回りを作り直す、と書きました。

>新米パパさん
Studio27のトランスキットを使うと、リアの足回りは多少なりともいじら
ないといけません。
リアブレーキの冷却ダクトの形が違うので、ホワイトメタル製のパーツに
付け替えるんですが、当然ドライブシャフトを切って取り付けなければ
いけないんです。

今回作っているFW11Bは、自分にどこまでの工作能力があるのかを確認
する為の習作でもありまして、どうせドライブシャフトを切るならとことん
作り込んでみるか、と考えてしまいました。

よせばいいのに…。

で、どうなったかというと。

diff1.jpg

まだ試作品ですが、デフ、作っちゃいました…。



アドラーズネストの六角ボルトの連結されているものをそのまま軸の部分まで
利用して作ってます。
使ったのはSSS。
プラ棒3mmと0.5mmプラ板、0.7mmの真鍮線の組み合わせです。

ただ形状の把握に間違いがあったのと、プラ板の厚さが厚すぎで、六角ボルトの
軸が端まで届かなかったので、改良します。

超面倒くさかったのですが、これは没にします…。


ここをいじってしまうともう止まらない。

このディティールに吊り合うよう、エンジンとギアボックス周りのディティール
の見直しをします。

cut1.jpg

エンジンとギアボックス、切り離しちゃいました。

切り離した後、エンジンとギアボックスにはエポキシパテを詰め込み、後で
真鍮線などで繋げるようにします。


まだ途中ですが、ギアボックスの加工状況はこんな感じ。

gearbox2.jpg

gearbox1.jpg

ギアボックスエンドも切り離しました。
で、ちょっと進んだのがこちら。

gearbox3.jpg

何でエンジンとギアボックスを切り離しているかというと、接続面のボルトを
再現したいのにボルト分の幅が無いからプラ板で作り直し、ボルトの穴を開け
た上で接着、塗装後にはめ込めるよう加工する為です。

あとは昔のFW11以前のF1キットだとエンジンやギアボックスは細かいパーツ
割りでディティールが再現されてますが、このキットから金型の抜ける方向に
よってはかなり省略されてしまっています。
デフをあそこまで作り込んでしまうとディティールのバランスがとれなくなる
ので、資料写真から判別出来る限りのディティールを再現する事にしました。

ただこれをやるとキットのサスペンションアームはほぼ全部使えなくなるので、
結局一から削り出すハメになってしまいました。
それにサスペンションアームのピボットをどこまで再現するのか、強度を確保
しつつどうするのかが、いまの課題です。

このあたりが中々解決しなくて、自分の工作力の限界に近いんじゃないかと若干
不安に思いながら、行き当たりばったりで作業しております。
F1モデリングでカミムラさんの作例を見なければ、こんな無謀な挑戦しなかった
んですが…。

ちなみにこの後、ギアボックスとリアウィングの固定方法を考える為にウィング
の仮組み中部品が飛散、上段のフラップが行方不明になってしまいました…。

狭い部屋なのに見つかりません。 orz
仕方がないので手持ちのジャンクから似たような感じで作る事になりました。

暫くは試行錯誤するので、次回の更新は未定です。

では!


posted by えてきち at 12:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/20 Williams FW11B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アワワワ…なんて濃密な内容。自作デフにギヤボックスの加工にと凄いことになってますね(^^;
目指すはカミムラさんのDFVですか〜。サスアームまで自作になるとのことで楽しみにさせて頂きます(圧
Posted by 新米パパ at 2011年03月23日 18:44
新米パパさん

あのDFV、1/43モデラーが作る1/20はここまで行くのかと目から鱗
でした。
ああいう加工は自分ではやった事なかったんですけど、加工方法と
それを実際にやれる人がいるというのが分かったので、とりあえず
自分もまねてみようかなと。

昨日も仕事終わりにチョロッと加工したんですが、ギアボックスは
どんどん凄い事になりそうです。

…、でもあんまりプレッシャーかけないでください。
Posted by えてきち at 2011年03月24日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。