2011年03月15日

国の政(まつりごと)を担うということ

一体この人達は、国の政をどのように捉えていたのか?

日が経つにつれ、意思決定の遅さが明確になってきている。

遅くても決定出来ているならまだしも、今だ決め切れていないように見える。

菅直人首相、あなたには弁理士程度がお似合いだ。

あなたのその何事の決定にも関わりたくない、何でも人の所為にするという
姿勢では惨事は何倍にも膨れ上がってしまう。
速やかに辞め、他の党でもかまわないからちゃんと覚悟を持って国のトップに
立てる人に代わった方がいい。
少なくとも民主党の中には、そんな胆力のある人間はいないだろうが。

小沢一郎は一体どこに行った?
国の非常事態になっても雲隠れしている人間は、やはり信用出来ない。

枝野官房長官は能力が無いなりに必死にやっているのでまだ許せる。
もう何日も寝ていないだろう。
冷静にいようという気力は、まだ残っているのだろうか。
政権運営能力が無いのに政権を取ってしまった責任を、何とか最後まで果た
してほしい。

蓮舫と辻本はちゃんと働いているのか?
行き当たりばったりの計画なんて立てても、スムーズな復興には結びつかない。
政治主導だと大見えを切ったんだから、先頭切ってやって欲しい。
多分出来ないでしょう。
仙谷なんかもどなるだけ。

震災は天災なので運命だと思ってその過酷な現実に立ち向かっていくしか
ないのだけれど、必要のない苦労が人災として起きる事だけは避けなければ。
しかし民主党政権にはそういう意識があるとは思えない。
死ぬ気でありとあらゆる方面に目を配り、問題を解決して復興を図ろうという
姿勢が見えない。

ただアタフタしているだけで…。

こんな奴らの所為で被災者の人達がよけいな苦労をすることになるのが、本当に
忍びない。
水と食料、暖のとれない状況だけは一刻も早く解消して欲しい。

現場で働いている自衛隊、警察、消防、役所の人達。
皆さんの中にも被災者の方がいる筈なのに、沢山の人の為に滅私の姿勢で働いて
いるのは本当に頭が下がります。
特に原発のトラブルに立ち向かっている人達。
日本をこれ以上の災いに遭わせない為に自ら立ち向かっている。
あなた達の努力が水の泡にならない事を祈っています。

何とか奇跡が起きますように。
これ以上の悲劇が起きませんように。

全てが落ち着いてきたら、民主党、おぼえとけよ。
必ず責任は取ってもらう。

それから自民党の中で原子力利権を貪っていた政治家連中。
おまえ達も責任は取ってもらおう。

そして東京電力。
沢山の人達を不幸にする可能性があるのに、ろくな点検もしてこなかった
その認識の甘さもきちんと責任は取ってもらう。

一部の不届き者の為に、まじめな日本人が悲劇に遭うのはもう見たくない。
一刻も早く、解決して欲しい。

タグ:民主党
posted by えてきち at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。